侵入させない対策方法|ネズミ駆除業者に依頼しよう!

男性

クロアリが家の中にいたら

あり

クロアリ駆除のときは、侵入経路の特定が大切です。どこから入ってきたのかが分かれば、再発生を防ぐことができます。業者に駆除を依頼する場合は、信頼できる会社を探してください。周囲の人に口コミを聞いて、信憑性の高い情報を入手しましょう。

View Detail

住みにくい環境を

ねずみ

徹底的に入口を遮断

ネズミは暖かい場所を好む傾向に有り、外が寒くなってくると室内への侵入が頻繁に始まる傾向があります。このため、夏場以上に秋はネズミの被害が出る時期として知られており、特に注意が必要な時期といえます。昔から、穀物を入れておく倉庫はねずみ返しと呼ばれる構造を取り入れて、侵入を防いできたわけですが、これは理にかなった構造をしており、現代の参考にもなります。ネズミは顔さえ入れば体を入れ込むことができるほど、小さい隙間でも侵入できることから、とにかく隙間を遮断してしまうことが重要になります。これはネズミ駆除の基本ともいえる対策であり、入ったものを捕まえる以上に、まずは入れないことが最大のネズミ駆除であることを表しています。

種類によって違う対策を

ネズミ駆除を行うにあたっては、侵入ルートを消すことが大事ですが、それは下部ばかりを見ていると失敗する場合があります。基本的にドブネズミは、地上を歩いて侵入するわけですが、クマネズミは地上の電線を伝って移動するほどの能力を持っており、天井裏、配管の隙間なども対策を打つ必要があります。耳の大きさや、尻尾と胴体の長さ比率などで見分けることができますが、捕獲するまではわからない場合もあります。そういた時には、周囲に残された糞の形や足跡がどこに残されているかを確認していくことです。そして、まずはしっかりと侵入ルートを消してしまい、内部に住み着いた場合には、整理整頓はもちろん、隠れ家をなくして安住の地をなくしてやることが、ネズミ駆除につながります。また今は専門の業者も増えてきているので、専門業者に依頼することも視野に入れてみましょう。専門業者であれば隙間への対策や予防、またネズミ駆除と同時に清掃まで行なってくれるケースもあります。

ねずみの学習能力

レディ

ねずみ駆除のためには、敵の行動形態を知ることです。専門の駆除業者に依頼する場合にも、ねずみの被害状況や活動時間を伝えておくことで、駆除もスピードアップします。また、ねずみの行動を把握することで、ねずみが二度と侵入しない環境も作れるのです。

View Detail

屋根裏に静寂を取り戻す

鼠

家のなかを駆け回っているネズミの駆除はホームセンターで売られているアイテムを使えば自分でも簡単にできますが、安全性や確実性を考えるとネズミ駆除を専門に行っているプロフェッショナルの業者さんにお願いをした方が確実です。

View Detail